微生物

Posted by ウキウキ♪ - 5月 26th, 2017

アルコール、薬、増粘剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の非常に重要な職責の一つであることは間違いありません。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が要因で発病する湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす主因としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れやビタミンB群の慢性的な不足等が関わっているのです。
細菌やウィルスなど病気を生む微生物が口から肺に侵入し発症し、左右どちらかの肺が炎症反応を見せている様子を「肺炎」と診断しています。
通常は水虫=足、特に足指の間にできやすい病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけに留まらないので、全身どの部位にも感染してしまう危険性があります。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有しない人でも取り扱える医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの通りにおこなうことで、心臓の心室細動に対しての絶大な治療効果を発揮してくれます。
鍼灸のハリを痛みの発生源に刺す、という物的な程よい無数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと称されるいわば電気信号の伝達をもたらすという見解が一般的です。
500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や肝硬変を筆頭に色々な病気を起こす可能性があるといわれています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、つまりは円い形状をした真紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総称であり、その原因は余りにも多種多様ということで知られています。
高齢化による難聴においてはなだらかに聴力が低くなりますが、大体は60歳を超えてからでないと聴力の老化をしっかりと自覚できないのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている特殊な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として外せないミネラルだといわれています。
前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても大きく関わっており、前立腺に発現した癌も同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて大きくなってしまいます。
下腹の疼痛を起こす代表的な病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、卵巣の病気等が聞かれるようです。
塩分と脂肪の摂り過ぎを控えた上で運動に努め、ストレスの多すぎないような毎日を意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を防止するポイントです。
暴飲暴食、体重過量、運動不足、遺伝、日々のストレス、老化といった様々な素因が組み合わさると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が低下したりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病します。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体内における脂肪の占有しているウェートのことであって、「体脂肪率=体脂肪量(キログラム)÷体重(weight、kg )×100」というシンプルな計算式で求めることができます。

Comments are closed.

Blog Home