契約書の雛形

Posted by ウキウキ♪ - 11月 5th, 2014

だったら御社の雛形だって御社の誰かがいつか書いたやつでしょ?何で変えれないの?」ってまで言うと、やっと分かってくれる人が大半です。

もちろんね、契約書の雛形を変更するのって社内的に大変だっていうのは理解できるので「と言っても社内手続き面倒でしょうから別途覚書で調整しましょうね」ってたいていは言うんですけど、「雛形だから変えられない」って発言をされると、その方とは真っ当な仕事ができない予感がビシバシと漂います。若い人ならまだしも、ある程度経験のあるはずの年齢の方から言われると、その人の上司とかいったい何を教えてきたのか、会社ごと信用できなくなっちゃいます。

こういうのと一緒で、この自動車レーンの件も「変えられない」や「変えるべきではない」じゃなくて「変える気持ちが無い」のだと思ってしまいます。しかも関係者が「切り札」とまで呼ぶものが、ずるずると結論を出されずにいたことに驚きすら覚えます。日本ってこういう傾向強いですよね。問題を全員が感じながらも先延ばしにすることが多すぎる気がします。さらに、それを強力に推し進めようとすると「独裁者」のレッテルを貼る人もいるし、とことんスピード感という言葉が苦手な民族だなぁという気がします。

自転車は大好きなので、この件は早く決着してほしいと思います。

Comments are closed.

Blog Home