起こり得る話

Posted by ウキウキ♪ - 10月 26th, 2014

総じて、そう いう時代になったという事です。

ですから、百田氏に限って罪がある訳もありません。時代が時代ならば、物語を書くこと以外には、何も要求されない、所詮は 戯作者です。場違いな舞台に立たされた流行作家が、ついつい看板役者にでもなったような気分で、大見えを切ってしまった、といった程度の事でしょう。
誰に でも起こり得る話です。  人生の目的が、人格の形成ではなくなり、人材の育成が、人間一生の仕事ではなくなり、人生は楽しく過ごすもので、仕事とは、その為のお金を稼ぐものとなり、行動の基準が損か得かで計られ、気付けば人材が不足していた、そんな時代になったという事です。日曜日に授業を行う事が、そもそも不自然です。
それに、子供が受けている授業は、保護者がいつでも参観できるように、普段から公開を基本とするべきです。 授業参観は、保護者の側が有給休暇を取るように仕向けなければ、有給制度も相互に機能しません。企業の理解と協力は、義務付けがあっても良いくらいです。

Comments are closed.

Blog Home