収支報告自体

Posted by ウキウキ♪ - 8月 11th, 2014

読む人の無知に付け込んだかのような、一面的な報道である。

 他の事件がそもそも収支報告自体がなされていないこと、容疑内 容がそもそも違うこと、何より小沢氏本人の無罪判決を政治資金規正法がザル法であるせいにしているし、それを立件の困難性の理由にしている、法の条文及び その実態を知り、何より小沢氏の二つの事件の経緯と公判推移、何より検察による調書捏造の事実を知るものにとっては、正に天に唾する行為であろう。

 この検察幹部も朝日新聞も厚顔無恥の極みである。
 完膚なきまでに潰された「調査捕鯨」であるが、正に日本の「優秀な」官僚の程度を示す事件である。

 商業捕鯨を調査捕鯨と偽り、なあなあの状態で問題を先送りし、主張をせず、その結果完膚なきまでに叩き潰された、これが日本の「優秀な」官僚・外務省の交渉能力の実態である。

ただ油を取るためだけに大量に鯨を殺してきた白人・アングロサクソン、時代とやり方を代えれば理屈も変わる御都合主義は一貫している。

Comments are closed.

Blog Home