恨みのレベル

Posted by ウキウキ♪ - 8月 3rd, 2014

死刑囚の遺族がまともな人ならばそういう心配はあまり必要ありませんが、死刑になるほどの犯罪を犯した人の周囲は、常識では計れない人が多いので、

的外れな怨恨を持つ可能性はかなります。被告が生きているのか、死刑で殺されてしまっているのかによって、被告遺族の恨みのレベルはまったく違ってきます。
囚人として存命ならば、囚人と家族の双方の品行が良ければ不倫調査 名古屋終身刑であっても面会するチャンスがあります。
囚人の親族が壁の外で非合法活動をやって当局の心象が悪くなると、壁の中で囚人の待遇が悪くなるので、死刑ならば囚人を人質に取られないので、被告関係者はやりたければ好きに暴れますが、囚人を壁の中に人質に取られていると、被告関係者の活動は鈍くなります。
まともな神経の人にとっては、法の内側であれ、他者を殺すことに非常に強い心理抵抗があります。
関係ない外野はすぐに死刑祭りしますが、判決を出さないといけない裁判員は強いストレスをうけますし、被害者遺族も感情が昂ぶっているうちは死刑を望みますが、実際に犯人が死刑になると、被害者遺族側に強いストレスが発生する事例もあります。

Comments are closed.

Blog Home