国の政策やあり方

Posted by ウキウキ♪ - 7月 25th, 2014

全く同意できなかったけれど、人間としては一生懸命で魅力のある人なのだろうと思った。

ただ、それと国の政策やあり方は全く別で、結局、この時代の日本は、論理的な思考や政策や国民の合理的な自己利益によっては動かされず、非常に不合理な、ムードや情緒や個人の印象やパフォーマンスによって左右された、大衆政治の末期的な症状の時代だったということになるのではないだろうか。

安倍さんは不人気が続いているけれど、私から見ると、森・小泉・安倍の三代は、そもそも同じ派閥だし、政策理念は似たようなものだし、どうして人気・不人気の差が生じるのかよくわからない。
小泉さんが、並外れてパフォーマンスがよかった、という、それだけしか違いがわからないのだが、どうだろう。
安倍さんが参院選で大敗を喫した時に、国民の審判だとかいうことがいろいろ言われていたけれど、どうも私はこの数年の日本の政治や世論のあり方や、選挙の動向を見ていると、「国民の審判」というのが、実にいいかげんで、時にまったく非合理なものとしか思えない。

そういうわけで、無力な一介の庶民に過ぎない私は、もはや政治に対してもの申したり、カリカリするのも馬鹿馬鹿しくなって、この頃は無関心になっていたけれど、やっぱりそれではいけないのかもしれない。

Comments are closed.

Blog Home