相対的価値尺度

Posted by ウキウキ♪ - 7月 17th, 2014

日本の国際的地位がサブカルチャーによって支えられていることを若年層に訴えかけたかったのかもしれないが、よもや日本全体をサブカルチャー化して国家権力を弱化させることを意図しているわけではあるまい。 ただ、僕が安倍晋三と麻生太郎の演説や普段の言動を聴いて思ったのは、安倍さんという人は徹底的に国家(上部構造)というメタの視点からしか国民 を見れない人であるということ、言うなれば、安倍さんは国益確保のためなら相対的な利益衡量によって末端を切ることを躊躇しない政治家なのではないかとい うことであった。

僕は安倍さんが「美しい国」という闇金相談 東京闇金相談 東京スローガンを前面に出し、そのイデア的概念を国家に付与することに、かつての有機的国家観の悲劇を重ね合わせざ るを得なかった。

何故ならば、物理的実体を持たない国家や民族のような抽象的形成物に「イデア的価値」を付与することは、国家と国民の相対的価値尺度を国 家に傾かせることになるからだ。

この理念形式は、基本的に宗教活動や全体主義を加熱させる心理や感情を緩やかに誘惑するものだが、集団の凝集力と結束力を高めるという力学的効用を生み出す。

Comments are closed.

Blog Home