アメリカ財界

Posted by ウキウキ♪ - 7月 14th, 2014

TPPの問題はその秘密主義であり、交渉内容・妥結内容とも秘密になっており、米国議会にすら報告されない、にも拘らず米国財界の一部には常に報告され、多分その意志を確認するのである。

これはTPPがあくまでアメリカ財界の意志による世界(日本)市場乗っ取り計画条約であることを如実に示している。

こんなものを推進する輩こそ売国奴である、何故自民・公明に右翼がテロをかけないか不思議ですらある、やはり日本の右翼は似非右翼であることの証左であると思っている。
いつものことであはあるが、このニュース日記も最初の方に反日売国奴の工作員と思われるオバカ支離滅裂嘘八百日記が並んでいる(嘲笑)。

「政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り 、交渉参加に反対する。」と最初に書いているのに交渉参加した時点で公約違反でしょ

オバマ来日中でのTPP「妥結」は回避された。米国側は昨年4月12日の合意で、自動車の関税撤廃を認めた(ただ30年後?でセーフガード付き)、日本の農産物もそうしろと要求するのは当然。そもそも高い入場料を払って交渉に参加したのが間違い。

Comments are closed.

Blog Home